意識の目覚めと微生物との関係

こんにちは、アートグレースのまゆみです。

わたしたちの体内には、約100兆個を超える微生物(細菌、真菌、カンジダなど)が共存していると言われています。

からだの細胞は、約37兆個と言われてますので、それよりも膨大な数の微生物と共存していると思ってください。

これらの微生物はすべて悪者ではなく、わたしたちの役にたっている微生物もたくさんあります。

要はバランスが大事。

バランスが崩れ、ある微生物が増殖すると感染症やなんらかの症状として体に現れてきます。

さらにここから一歩深めていくと、なんらかの症状として体には表れてはきていないけど、

なんか自分がいつも損しているような・・・

やる気が出ない

ついつい後回しにしてしまう

いつもイライラしていたり、突然、きれてしまうことがある

どうせわたしなんて・・・と思うことがよくある

など、じぶんの思い癖のようなものも、微生物からの影響が強めている場合があります。

 

さらにもう一歩深くいくと、わたしたちは思考することができるすべてにおいて、

それが100%だと思っていますが、実は全体のたった5%と言われています。

 

わたしたちの元々の意識は、5%の枠を超えた意識です。

目覚めスクールでは、目覚めの段階を、第1ステージ、第2ステージ、第3ステージと表現していましたが、

第2ステージと第3ステージ(宇宙意識)の間には、集合意識の影響がありますが、

その外側にうっすらとした幕のような、もやのような感じでこの微生物が影響している感じです。

わたしたちが目覚めないように(=ドラマが体験できるように)しているものなんですね。

 

今度のMCI研究会(10/14)では、意識の目覚めと微生物との関係も深めていくワークにしたいと思っています。

 

 

10/14 10:00~16:00

残席あと若干名

参加希望やお問い合わせは、下記よりお願いします。

お問い合わせフォーム

 

コメントは受け付けていません。


PAGE TOP